「Hug & Kiss版 卒業と旅立ち」




夢をあきらめないで/岡村孝子

1987年に発売された岡村孝子の楽曲ですが、現在では学校の音楽の教科書にも掲載されているというスタンダードナンバーです。
甲子園の行進曲としても使われた事のある、旅立ちの歌です。




私がいる/石嶺聡子

1995年に尾崎亜美が石嶺聡子ののために書き下した名曲です。
当時、新生活を応援する保険会社のCMソングとして流れていた曲なので、旅立ちの季節にはぴったりの1曲です。




そして風になる/石川優子

1983年に発売された石川優子のアルバム「フェリアの恋人」に収録の1曲です。
愛を見つめ直すために、スペインに一人旅をするというコンセプトアルバムだったので、旅立ちにふさわしい1曲です。




君と歩いた青春/太田裕美

この曲は元々、風(伊勢正三)の作品で、太田裕美がシングルとして発売した1曲です。
「22才の別れ」「なごり雪」そしてこの「君と歩いた青春」はまるで青春3部作のように、心に響いてきますよね。




桜/辛島美登里

辛島美登里がデビュー20周年時に発表した桜ソングです。
まるで、長い人生を振り返るような感動の1曲です。
親しい人との長い別れも、人生の旅立ちの一つなんだと、この曲から教えられたような気がします。
前向きな内容なのに、泣けて来る壮大なバラードです。