☆3月なので「旅立ち」を思わせる前向きなサウンドの女性JAZZシンガーの名曲をセレクトしました。


81mgjnRfVKL._SL1500_

A列車で行こう/アニタ・オデイ

☆1月もオンエアした、ジューン・クリスティ同様、ケントス・ガールの1人だった、アニタ・オディの歌うスタンダードナンバー。皆さんご存知の1曲です。
日本では美空ひばりさんも日本語でカヴァーしていますよね。

ダウンロード

恋人よ我に帰れ/ダイナ・ショア 

☆アメリカの女優であり、シンガー「ダイナ・ショア」の曲です。
1950年代から1960年代にかけてテレビ番組『The Dinah Shore Show』で大きな人気を得ました。
日本では、江利チエミさんのバージョンも有名ですよね。

768

パリの4月/パティ・ペイジ

☆1950年代、もっとも多くのレコードを売り上げた女性シンガー「パティ・ペイジ」の曲です。
まだ3月ですが、気分は春なので、気の早いこんなナンバーで花粉も振り払いましょうね!

31qbudZ6r0L

ムーンライトセレナーデ/カーリー・サイモン

☆グラミー賞を受賞したことでも有名な、女性シンガー・ソングライター、カーリー・サイモンによる、ワールド・スタンダード・ポップ・アルバム。
どなたでもご存知のスタンダードをカーリー独自のボーカルで表現しています。

8.120800

セ・シボン/アーサ・キット

☆のちに、社会派としての活動も活発に行っていた、シンガー「アーサ・キット」、1956年の大ヒット曲であり、代表曲です。
2008年のクリスマスの日に、81歳でお亡くなりになったというのも、なんだか印象的ですよね。